高速道路での合流の際の注意点

高速道路での合流・・・緊張します

高速道路で交通事故が起こる時、よくあるのが高速道路での合流ポイントでの事故です。
高速道路は走行スピードが速く、また慣れていない人からいつどのタイミングで入ればいいのかわからないとパニックになる方もいます。

高速で走っている車の流れにうまく乗って合流する必要がありますが、加速の仕方、本線に入るタイミングなどをしっかりつかむとうまく流れに乗って入る事が出来るようになります。

まずはあわてないことです。
通常、合流地点では合流してくる車のためにその車線を開けてくれているはずですが、隣の車の状態などによっては移動できず、そのまま走ってくる車もいます。

そのため、どの場所でどのように入ればいいのか、合流する前にスピードを加速していく時点でとなり車線をよく確認し、位置とタイミングをしっかりつかむことが重要です。

高速道路でタイミングよく流れに乗って合流するには

加速車線に先行する車がいたら、加速車線手前でスピードを下げて車間距離が撮れるようにします。

加速車線の手間に来たらウインカーをだして本線の車の流れをしっかりチェックし、加速車線を十分に使って加速し、ドアミラーで本線の車の位置を確認し、どの車の後ろに入るかを決めて、合流地点が近づいてきたら目標の車の斜め後方につくようにしてスピードを調整します。

高速走行となっていますので、ハンドル操作は絶対に緩やかに、急ハンドルにならないように注意しながら、直接目で後方の車を確認し安全な状態と思うタイミングで合流します。

合流のポイントと注意点とは

高速道路で合流する時にはただ何となく合流するのではなく、目標の位置をしっかり決めてこの車の後!と合流していくことが求められます。

加速車線に入り本線で後方から走ってくる車を確認し、流れをみながら目標とした車の後ろへスムーズに入る事が出来るように運転します。

加速車線で怖がってスピードを上げない車をたまに見かけますが、これは危険です。
このスピードのまま合流すると後方からくる車が追突する危険性もあります。
加速車線でしっかりスピードを上げてから本線を走る車の流れをよく確認し、合流します。

合流する時には緩やかな角度でスムーズに入っていくことが必要で、急ハンドルは絶対に避けましょう。
後方の安全確認はミラーだけじゃなく目でしっかり確認し、死角に車がいないかどうかもみてください。

自分が本線の一番左の走行車線を走っている時に、合流地点がちかづいてきたら合流してくる車の動きをしっかり確認しなければ危険です。
加速車線で十分加速しないで自分の車の前に合流しようとする車がある可能性もあります。

こうした車の動きを予測し、合流地点近くになったら追い越し車線側に移動し走行車線を開けておくと事故なども避けることができ、自分も危険な状態になりません。