RV車運転時の注意点

背の高い車は近いものほど見えないという特徴がある

背の高い車、RV車などは運転している目線が高くなり、運転しやすいのです。
視界が広く快適に運転できるので、車高が低い車と比較するとのびのび運転できます。
ただ、遠くまで見渡すことができるという特徴があるRV車など背の高い車には、近い場所に死角ができやすいという特徴もあるので、注意が必要です。

RV車の運転席から外を見ると確かに遠くまで見渡せるのですが、アイポイントが高くなるので、左のすぐ前方に立っているお子さんがいても死角となり見えません。
また車の真後ろに子どもさんが立っていると死角となって全く見えないこともあります。

お子さんは大人がどんなに注意をしても、自分で危険認識できる力が弱いので、車の傍に近づきすぎたりすることも多いです。
また小さいお子さんは、車のバックしてくる音や、点滅しているランプなどの意味が解っていないので、バックしてくることに気が付かないこともあります。

駐車していてそこから発進する時にも、お子さんだけが車の前を歩いてくると、RV車などは背が高くお子さんが左から歩いてくると確認できません。
車の前に入ってしまうと運転席から確認することが出来ないので、そのまま発進し、事故となってしまうことも多いのです。

最近の車には前方と後方にモニターが付いていて、RV車でも後方、前方の死角をカバーしてくれるものがあります。
しかしそれでも見えていないところがあるかもしれないので、かならず車に乗車する前、周囲にお子さんがいないかどうか確認し、ゆっくり発信することが求められます。

前後左右、死角はどのくらいあるのか?

RV車に限らず自分が運転する車に、前後左右、死角がどのくらい存在するのか、あらかじめ知っておくことも重要です。

車高が高いRV車は地面からボンネット、またドアの窓際までの高さが非常に高くなっています。
車のすぐそばに子供がいるとミラーでも見る事が出来ないことがあるので、死角の範囲がどうしても広くなります。

車高が高い車を運転される場合、その死角の範囲をよく理解し、十分に安全に注意を払い運転することが求められます。

RV車の中には、広い死角をカバーするために、大きなドアミラーが設置されていることもありますし、車種によりますがフェンダーミラーが設置されている車種もあります。

ただミラーに頼ると車の周りに走ってきたお子さんなどが見えない場合もあるので、かならず周囲を目で確認するようにしてください。

子どもは思いがけないところで遊ぶ

こんなところで遊ぶと危ないよと思わず言いたくなるようなところでお子さんたちが遊んでいるところをみることもあります。

時に小さいお子さんなどは車の下に入り込むこともあるのです。
車のすぐ横を自転車で通ってみたり、車の横でしゃがみこんで何かしているということもあります。

お子さんは大人が思うような行動はとらない、意外な行動に出ることがあると認識しておく方が安全です。