縦列駐車のポイント

縦列駐車どうすればうまくできるの?

縦列駐車すれば止めることができるスペースがあるけれど、縦列駐車が苦手な人はスペースがあっても別の場所をさがそうとします。
確かに車庫入れよりも縦列駐車は難しいと感じますし、教習所で苦労された方などは余計苦手意識からしなくなります。

でも慣れないうちはハンドル操作とバックの操作を別に行うことで、車庫入れ同様うまく駐車できるようになりますし、約束事を守って行うと案外簡単にできるものなのです。

縦列駐車できるスペースは、目安として、車の全長の1.5倍といわれています。
このくらいのスペースがあればしっかり駐車できるのです。

縦列駐車を無理なく行う方法

まず横に1m位の幅をもって駐車するスペースの前に駐車している車の横よりやや前くらいに止まります。

後方の安全を確認して真っすぐバックします。
バンパーの後ろが隣の車と同じくらいの位置に来たらいったん止まります。
同じサイズくらいの車なら、自分の車の運転席が隣の車の運転席と同じくらいになったら止まります。

止まったままでハンドルを左いっぱいに切り、バックして右側のボディが駐車するスペース枠の左後ろ角の延長線上に来たらいったん止まります。

タイヤが真っすぐになる様に止まったままハンドルを戻して、ゆっくり、真っすぐバックし、右の後輪が右白線当りに来たら止まります。
この時、直接目で確かめるか、右のバックミラーを下に下げて位置を確認してください。
左前のバンパーの位置と前の車の間隔もしっかりチェックします。

チェックしたらハンドルを右に一杯きって後ろの車の前面に向けてゆっくりバックします。
路肩をみて車体が平衡になる前に、タイヤが真っすぐになるようハンドルを戻し、後ろの車にぶつからないように注意しながら路肩と並行に駐車します。

バタバタしない落ち着いて時間をかけていいのでゆっくり行う

縦列駐車が苦手という意識があると、どうしても早く入れないと・・うまく入れないとバタバタしてしまいます。

上手く入れられないから時間をかけて、ゆっくり落ち着いて行うことが大切です。
バックする時には後方ばかりに気を取られてしまうので、曲がりながらバックして前方の車にこすってしまったということも起きるので、停止、確認、ハンドルを切って目標を確認、動く、確認、停止という状態でゆっくり確認しながら駐車しましょう。

また曲がりながら前進するという場合に気を付けたいのが内輪差です。
左折する時に左にばかり気を取られていると、左横を電柱などにこすってしまうこともあるので、確認しながらゆっくり、障害物などにも気を配って駐車します。

回数をこなしていくうちにだんだんとうまくなっていくものです。
怖がらず、ゆっくり、落ちついて何事も練習、経験と思って頑張りましょう。