注意喚起表示システム

リアルタイムで注意を喚起させる標識

注意喚起表示システムは、従来型の固定式看板での標識ではなく、電光掲示によってリアルタイムで道路状況や起きやすい事故について知らせるものです。

高速道路を走行していると天候に応じて最高法定速度を示す標識を見かけることがよくありますが、その他にも渋滞状況を教えたり、先にある道路の状態(急カーブ、路面凍結など)をあらかじめ示してくれるものなどが多く見られます。

この走行注意喚起システムは現在多くの電飾メーカーなどが取り組んでいる技術であり、工事状況や今後の伝達についてなどについて、一般道でも使用されるシステムとして定着しつつあります。

特にここ最近活躍が目立つのが冠水表示についての表示で、地下道など部分的に地面の高さが低くなる道路において、大雨が降ったときに冠水してしまっているかどうかを入り口で示すことができるようになっています。

通行止めにするためには人員の移動や設備の設置など手間がかかりますが、こうした電光表示により注意を換気するだけならば管制塔からの指示により一瞬で対応できるので、災害時には大きな強みを発揮することができます。

歩行者の存在を知らせるしくみも

また最新の注意喚起表示システムでは、人感センサーと連動することにより、見通しの悪い交差点や横断歩道での人身事故を防ぐために役立たせることができます。

これは路面に道路鋲を設置し、そこに人が通ることによりLED掲示板に人がいることを近くのドライバーに教えることができるという仕組みになっています。

横断歩道などに設置してある場所も既にいくつか見られており、これまでのような押しボタン式の信号と異なり、人が通行を終えたらすぐに信号が変化するといったようなムダのないシステムにしていくことができます。

注意の度合いによって表示方法を変える

電光式の注意喚起表示システムのメリットとしては、その時に起こる注意をリアルタイムで細かくドライバーたちに通達をすることができるとともに、その危険度により表示方法を変化させることができるという点です。

例えば、注意喚起のためにはLEDが点灯しているだけでも十分に伝えることが可能ですが、他に標識を点滅させたり、色を赤~黄色に変化させるようなことにより、危険性がどの程度のものであるかということを客観的に示すことができたりします。

さまざまに応用がきくシステムなので、今後もより多くのところで違った使われ方をしていくことと思います。