ガソリンがなくなりそう

バイクに乗っているとガソリンという極々初期的トラブルに見舞われることがあります。
原付も含めてバイクはいたって壊れやすいものと理解してください。
倒れてしまったことでガソリンが漏れるというのも当たり前の症状なのかもしれません。

キャブからガソリンが漏れるのは、故障ではない

バイクが転倒してガソリンが漏れるというのは、ガソリンが漏れると言うよりも零れると言う表現の方があたっているのではないでしょうか。
キャブのガソリン漏れが起こってしまうのは、そもそも故障なんかではなく元々そのような構造であるためだからです。

キャブに本来の容量を越えるガソリンが流れた場合など、余計なガソリンが排出されて行くオーバーフローです。
強風でバイクが倒れた、ちょっとしたミステイクで簡単にガソリンなど流れて出て行ってしまう存在なのです。

だから、敢えてガソリン漏れに対してそれ程心配しなければならないと言うことではありません。
しかし立てた時、まだガソリン漏れを起こしているようなちょっと心配になる気持ちも判らないではありません。

その時、油面を調節する部品であるフロートが引っ掛かっている状態などが考えられます。
まずキャブの本体をコンコンとドライバーなど使用して叩いてみましょう。
フロートの引っ掛かりをそのような方法で外してみてください。

それで改善しないと言うのなら分解点検・修理の必要があります。
キャブ以外の箇所、タンクからとか、ホースなどよりガソリンが漏れている可能性も考えることが出来ます。

漏れを起こしている部分が破損していることも想定して対処しなければならない場合もあります。
やはりこのような場合素人が下手な手出しはしないで、専門のバイク屋にお願いすることにしましょう。

バイクのエンジンがかからない

バイクに乗っている人たちなら一度二度バイクのエンジンがかからないというトラブルに見舞われることもあるのではないでしょうか。
セルが回らない場合には、キルスイッチの確認、サイドスタンドの確認、ニュートラルスイッチの確認、バッテリー、ヒューズの確認などを行って行きます。

セルが回る場合には、ガソリン残量の確認をしましょう。
実際に単純なお話しをするまでとなりますが、バイクはやっぱりガソリンがないと走ることが出来ない乗物です。

こんなことはある筈がないと言うものの実際にはガソリンがないからエンジンがかからないことがあります。
そして暫くバイクを放置していたという場合には、ガソリンの状態が悪くなるというケースがあります。
そこにガソリンは満たされているものの燃焼が起きにくくなっている可能性があります。

そのような場合では、キャブ内のガソリンを一度抜いて、タンクから新しいガソリンを注入して、再びエンジンをかけてみましょう。ガソリンの全交換が必要と言う時もあります。