身を守るには

バイクを運転している人なら、誰もが心配になるのが事故ではないでしょうか。交通事故は自分自身が原因とならなくても、相手の不注意などが原因で事故に巻き込まれてしまうこともあります。

しかし、できるだけ事故にあわないように細心の注意を払うことは、自分の身を守る上では必要不可欠なこと。どんな状況ならどのようなトラブルや事故を引き起こす可能性があるのかを認識するだけでも、運転中に気を付けるポイントを知ることができます。

見通しが悪い道路

見通しが悪い道路では、自動車やバイクを運転するドライバーは、普段以上の注意が必要です。見通しが悪い向こう側から別のバイクや自動車が出てくる可能性もありますし、自転車や歩行者な度が飛び出してくることも十分に考えられます。

道がすいているからと言って飛ばしてしまうのはNG。住宅街などではすべての角から子供が飛び出してくることを想定しながら徐行したり、いつでも停まれるスピードで走行したりすることが必要です。

見通しが悪い道路は、路肩にミラーがついていたりすることもあります。しかしミラーには死角が必ず存在するので、ミラーだけに頼るのは危険です。ミラーに何も映っていなくても気を付けなければいけません。

夜間

人間は夜行性の生き物ではありません。昼間のほうが良く見えて、夜間には見えにくくなってしまうことは仕方がない事。しかし、見えにくいからと言って事故を起こしても良いというわけではなく、見えにくいなら普段以上に注意して運転しなければいけません。

一日の終わりになると疲れもたまり、集中力が欠けてしまうこともあるかもしれません。そのような場合には、無理にスピードを出して家路を急ぐよりは、慎重にスピードを落とした運転で安全に帰宅したほうが良いと考えましょう。

交差点

バイクの事故が多い交差点。右折や左折などで事故が起きやすいだけでなく、見切り発車や見込運転などによって、交差点の中で衝突してしまうという事故も少なくありません。

バイクも自家用車と同じ立場であることを十分に認識し、信号が黄色なら無理に突っ走ろうとするのではなく、安全運転を心がけなければいけません。黄色だから急いで通過しようとすると、周囲が見えなくなってしまい、歩行者や自転車が飛び出してきても見落としてしまうことにもなりかねません。

交差点はバイク事故が起こりやすい場所ですから、特に注意しながら、無理な運転や危険な運転はしないようにしましょう。

対策

事故を防ぐためには、とにかく安全運転。安全を確保しながらバイクを運転することが大前提となります。しかし、それでも事故を100%防ぐことができるかと言えば、そういうわけではありません。

時には自分が安全運転していても事故をもらってしまうこともあるもの。そんな時には、万が一にも事故に巻き込まれたときには、自分の身を守るための対策を取ることも必要かもしれません。

参考:ドライブレコーダー – Yupiteru

例えば、ドライブレコーダーは、運転中に自分の周囲をレコーダーとして記録してくれる便利なアイテム。2,3時間というタイムフレームでどんどんデータを上書きしてくれるので、事故がなければデータが上書きされ、事故が起きた場合には、レコーダーをストップさせれば事故の様子をレコーダーに移すことができます。

レコーダーに事故当時の状況が記録されていれば、相手がどんなことを言っても「百聞は一見に如かず」。安全運転を心がける自分の身を、非常識な他のドライバーたちから守る手段として、最近ではドライブレコーダーの売れ行きがとても好調になっているそうです。

下記のページでは身を守るためにどのような対応をしたら良いのかなどを解説しています。
■見通しの悪い道路
■夜間
■交差点
■ドライブレコーダー
■保険