ドライブレコーダー

万が一事故に遭ってしまった時、その場の状況とお互いの証言だけが判断材料となります。
そのため事故の相手が良い人であったり常識人であればよいのですが、めちゃくちゃな証言をしたり、自分が悪いのに自分は悪くないと言い張るような人であったりしたら大変です。
相手の証言が嘘だとわかるのは自分と周りの目撃者だけで、客観的な判断ができなければ相手の嘘も証言の一部として採用されてしまう可能性もあるからです。
また当たり屋に遭遇してしまった際にも、自分の証言だけが100%採用されるわけでありません。

そこで万が一事故が起きてしまった時のために、ドライブレコーダーを設置しておくことをおすすめします。
ドライブレコーダーは車から状況を撮影出来るアイテムで、事故の証拠などを残しておく際にも大変役に立ちます。
例えば車を停めておいたらぶつかられてしまっていたが、犯人が誰だか分からないという場合にドライブレコーダーに記録されていれば、相手の車の車種やナンバーもすっかりわかってしまいます。
これを元に警察に届け出を出せば、その人を探してもらうことが可能なのです。

また証言が食い違っている時に、どういう状態で、どんな風にぶつかったかというのを見ることができます。
そこでどちらかの証言と違っている点が見つかれば、その証言は虚偽であることが判明します。

交通事故は起こってしまってから現場検証を行うため、実際の状況を見てみなければわからないようなポイントはすべて証言次第となってしまいます。
自分が加害者になりたくない人は平気で嘘をつくでしょうし、人によってはぶつかったとしても自分は正しい運転をしていたのだから悪くないと思って加害者ではないことを主張する人もいます。
世の中善良な人だけではないので、ドライブレコーダーなどのアイテムを利用して自分の身を守っていく必要があるのです。

交通事故でのトラブルも多い世の中ですので、ドライブレコーダーを車につけているという人は意外と多くいます。
普通に購入し、取り付けすることが可能なので、それほど大変な作業をしたり大金の出費などもありません。
ちょっと手間をかけるだけで、万が一事故に遭遇してしまった場合に正しい証拠を残せるというのはとても大きなメリットがアリます。
安全運転をしていたとしても、もらい事故をする可能性もありますから、自分は事故に遭うことはないだろうという思い込みだけで運転するのではなく、いつ事故に遭遇してしまっても対処出来るように、事前の対策や準備をしておこうという心がけが必要なのです。