保険

交通事故に遭ってしまった時や、交通事故を起こしてしまった時に任意保険に入っていれば、相手への賠償金として保険金を支払ってもらうことが可能です。
またその他怪我や事故に関しての保険に入っていれば、自分が怪我をしたから保険金をおろしてもらうということも可能です。

■自分が事故を起こしてしまった場合
自分が事故を起こしてしまった場合には、任意保険に入っていれば必ず対物・対人の保険には加入しているはずです。
賠償金を払う必要がある2つの事故は、程度によってその金額が普通の人にはぽんと支払うことができない金額であることもしばしばです。
なので保険金をその賠償に充てるのです。

また事故を起こして自分の車が傷ついてしまった時には車両保険という保険で対応することになりますが、これは任意で付属することが出来る保険内容の一種で対物や対人に比べて保険料が高い場合もあり人によって入っている場合と入っていない場合があるので、一概には言えないでしょう。
自分の入っている保険の契約内容を改めてチェックしてみましょう

■事故に巻き込まれてしまった場合
この場合、まず事故を起こした相手から保険金を支払ってもらうことになります。
そのため自分で傷害保険などに入っている場合は、相手からの賠償金+自分の傷害保険の保険金をもらうことが可能なのです。
契約内容にもよりますが、ちょっとした接触事故の怪我であったり、筋をやられてしまって通院が必要な場合であったりしても、傷害保険が日割りで保険金を出してくれるケースもあります。
病院に行った分だけお金をもらうことができるので、医療費を気にせずにしっかり治療に専念することが可能です。
申請して通るか分からない場合でも、窓口に相談することで実は保険金を受け取ることができるケースだったということも大いにありえますので、小さな怪我などでも諦めてしまわずに、一度保険のサポート窓口などに相談してみるようにしましょう。