弁護士費用は節約できる

交通事故の被害者になったら

交通事故はいつどのような形で巻き込まれるかわかりません。
自分で気を付けていたつもりでも相手の交通ルールを無視した行動によって交通事故になってしまうケースもあります。

ただし交通事故は一生のうちに年度も経験することではありません。
だからこそ事故にあったときにどうしたらいいのかわからないという人も多いです。
被害者であっても自分の知識がなければ、加害者の思うように示談が成立してしまう可能性もあります。

そこで過去の判例などを見て適切な損害賠償を請求した方が、のちに後悔することなく過ごすことができます。
もしも裁判になった場合、長期間かけて自分たちの意思が通るよう何度も繰り返していくことになります。
そのため精神的なく苦痛はどうしてもかかってしまいます。

またほとんどの場合、裁判ではなく示談で解決することが多いのが現状です。
そのため示談交渉をどこまでの知識をもって自分で行うのかが大事になります。

専門の弁護士を付ける

そこで不利な示談を避けたい人、賠償金に納得がいかない場合など専門的な知識で、相手側と示談交渉を行わなければいけません。
どうしようと悩んでいる場合、弁護士の相談することがおすすめです。

弁護士に依頼することになると費用が高いと思っている人が多いでしょう。
実際に弁護士に依頼した場合、着手金屋成功報酬などを支払う必要があります。
期間にもよりますが、約約80万から100万近くの費用が掛かることが多いです。

そこまでの費用をかけて思う人もいるでしょう。
被害者の場合は、弁護士に相談することで損害賠償金を大幅に増やすことができる可能性が高いです。
そのため弁護士費用を支払ったとしても、それ以上の得を感じる人が多いです。

そして交通事故を専門に扱っている弁護士に依頼しましょう。
そうすることで過去の事例から妥当な損害賠償を相手側に主張することができます。
そして弁護士が示談の交渉を行ってくれるので、関わる時間が少なくなり精神的な負担も軽減することができます。

弁護士費用は弁護士特約で

ただし精神的な負担が軽減されても経済的に不安だと感じることもあるでしょう。
そこで安心して弁護士を依頼するためにも、任意保険の選択肢の一つに弁護士費用特約をプラスするようにしましょう。

弁護士特約は相談料として10万円の保証と1件につき300万までを上限として弁護士費用の負担がほとんどなくなります。

以前までは加入者がほとんどいませんでしたが、今では万が一の時に備えて加入をするという人が7割近くいます。
ただし実際に使用したという人は0.05%とかなり低い確率になっています。
それでも今後も弁護士特約は、納得いく結末を迎えるためにも必要なものになります。