事故後に退職を迫られた場合

事故による損害

交通事故は加害者であって被害者であっても、自分の人生を大きく変えてしまう要因へとつながる可能性が高いです。
そのため自動車保険の任意保険では多くの人が手厚い保険を求めています。

実際に事故を起こしてしまったことで初めて知ることも多く、事故をしてしまう前に、加入していてよかったと思える保険を選ぶ必要があります。

なかでも一番困ってしまうのが就職先との関係です。
過去にも実際に就職活動をして内定をもらい、入社する直線で事故にあってしまい、就職することができなくなってしまった人もいます。

入社後での事故ではありませんでしたが、事故に合わなければ普通に就職することができ働くことができる状態でした。
そのため当面は事故による休業補償を受けていました。
しかし長期の治療で回復のめどが立たないことを理由に退社を要望されてしまいます。

この時の判例では、退職後治療をしている間は休業補償が認められました。
ただし似たようなケースだからと言って必ずしも同じような結果になるとは限りません。
それでは実際にはどのような形で作業補償は決められるのでしょうか。

休業補償を受けられる条件

作業補償を受けるためには、会社員のように一定の給料から算出することでもらうことができます。
しかし職業は人によって異なり、会社人ではなく自営の人もいます。
自営業の人の場合は、毎月収入が異なることも多く、安定しているわけではありません。

そう言った場合の人は、昨年末の一年間の収入を出して365日で割り一日の休業補償を決めることになります。
自営業以外でもフリーで働いている人や学生でもアルバイトで生計を立てている人も事故にあった場合、休業補償を受けられる可能性があります。

事故の内容によっても異なる

交通事故は人によって状況が一つ一つ異なります。
そのため過去の判例だけは休業補償を必ず受けられるとは言い切れません。
本来主婦であれば仕事をしていないため休業補償を受けられないと思うでしょう。
ただし家の事を行うことができずに家政婦を雇う必要があった場合は専業主婦の仕事は金銭的にも価値があると判断して対象になるパターンもあります。

実際に事故の現状やケガの状況、そして事故によってどの様な形で生活を送ることができるのかも人によってことなります。
休業補償があるのとないのとでは大きく生活も異なります。

そこでいろんなパターンを経験し、実績と知識も豊富な弁護士が間に入ってもらうことで、適正な判断と損をすることがない賠償金の請求を行うことができます。
なかには休業補償自体を知らずに何ももらえないまま示談を迎えてしまう人もいます。
そう言った損をしないためにも弁護士に一度相談しましょう。