シートベルトの正しい着用方法

命を守るシートベルト、しっかり着用しましょう

車を運転する人、助手席に乗る人、また後方に乗る方もしっかりシートベルトを締める事で、万が一交通事故にあった場合でも怪我のリスク、また命を危険にさらすリスクを低くてできます。

シートベルトをしっかり着用することで万が一の際にSRSエアバックも効果を発揮してくれます。
車に乗る時には乗っている人全員がシートベルトを着用しているかどうか、運転手の方が確認し、かならず締めるように注意を促します。

シートベルトの正しい締め方

運転する方は正しい乗車位置に座りそれからシートベルトを着用します。
腰ベルトを腰骨の出来る限り低い位置にかけて、肩ベルトは首、顎、顔などに当らないように調節します。

ねじれなどがあるとシートベルトが作用しないこともあるので、ねじれなどがないかを確認して着用します。

シートベルトは正しく着用できるように、腰ベルト、肩ベルトの位置をしっかりチェックし、正しい位置に装着することが求められます。

RV者などの場合にはシートアレンジを楽しめるということが魅力となっていますが、リヤシートをフルフラットの状態でそこに人が乗ったり、荷物を載せて走るのは危険です。

ブレーキをかけた時にフルフラット状態のシートの上を転がってしまったり、運転手席の方に放り出されるなどの危険性があります。
走行する時にはフルフラットではなく、リヤシートをもとに戻して走行するようにします。

お子さんはチャイルドシートを着用、ちょっとそこまででも油断しない

お子さんが乗車する場合、シートベルトをしっかりと着用できない場合もあるので、対格にあっているチャイルドシートを購入し、そこにのせるようにします。

乳児用シート、幼児シート、学童シートなどもありますので、お子さんの対格とチャイルドシードの規格をよく見て、お子さんの対格にあったもの利用するようにしましょう。

またちょっとそこまでだからとお子さんを助手席にちょっとのせてお買い物に行く人や、短い距離だからとシートベルトをしない方もいます。
でもこれは非常に危険な事で、交通事故にあった時、大きな怪我、また命を落とす危険性もあります。
ちょっとそこまでという距離でもしっかりシートベルトを利用しましょう。

乳児用シートの設置位置は?

通常お子さんをチャイルドシートに乗せて運転されている方をみると、後部座席にしっかり着用されていますが、助手席に設置されている方も見かけます。

赤ちゃんがママの顔をみていないと泣いてしまうから・・・などの理由から助手席に置く方もいるようですが、エアバッグ付の車の場合、事故の際、エアバッグが開きチャイルドシートに強い衝撃を受けることもあります。

重大な傷害となってしまう可能性も高いので、乳児用シート、また後ろ向きチャイルドシードはエアバッグ付の車に絶対に利用しないようにしましょう。

車によってチャイルドシート固定機能があるものも

車によってですが、シートベルトにチャイルドシートを固定しやすくする機構を持っている車があります。

通常多くの車種の後部座席外側のシートベルトにこうした機構が付いています。
この場合、簡単に装着できるので利用されるといいでしょう。