ライディングウェアでの運転

正しいライディングの服装

バイクに乗るときは、正しい服装にして乗ると、安全を確保しやすいです。
たとえば、半袖だと転倒すると怪我を負いやすく、バイクに乗るときの服装があります。
夏場は暑いので軽装になりがちですが、そのような場合も正しい服装を心がけ、また夜間の走行時は周囲に気を使って走ります。

・ヘルメット

バイクに乗るときは、どのような種類のバイクでも、ヘルメットを着用します。
ただし、工事現場で使うようなヘルメットは、バイク用としては適しません。
これは、万が一転倒したときに、頭部を守るだけの強度などがないからです。
SG規格など、バイク用の条件を満たしている規格を通過したヘルメットを装着し、顎紐を止めて着用します。
シールドは、傷が多くなると視界を妨げるので、古くなったら取り替えます。

・ジャケット

長袖のジャケットを着用し、ハンドル操作を妨げないように、体のサイズに合わない、大きすぎる小さすぎるものは避けて、体にフィットするサイズを選びます。
転倒時などの保護性能が高く、夏は通気性を、冬は防寒性を重視し着用します。
夜間走行するならば、反射板を付けた方が安全です。

・グローブとシューズ

摩擦に強い革製のグローブがよいですが、夏はメッシュ素材でも構いません。
シューズはサンダルなどは避けて、かかとの隠れるバイクシューズなどを履きます。
どちらもライダーの動きを妨げない、動きやすい素材のものを選びます。

・パンツ

ジーンズなど摩擦に強いものが理想です。
素材がしっかりしているパンツを選び、長袖にして、半ズボンやスカートは適しません。

雨の日と冬場の服装

・雨の日

雨の日は雨が降っているので、防水を考えて服装を選びます。
まずはレインウェアを着用し、体全体を覆って、雨から守るようにします。
防水性が高いレインウェアが良いですが、なおかつ通気性もある方が良いです。
寒い時期は厚手のジャケットを着ることもあるので、1つサイズが大きいレインウェアもあった方が良いでしょう。
グローブやシューズも、防水性がある方が良いです。
防水性のないアイテムしかないときは、ビニールカバーなどで覆うと、防水性を確保できます。

・冬場

寒い時期なので、防寒性のあるジャケットやズボンを選びます。
重ね着をするという方法もありますが、重ねすぎると動きにくくなるので、厚手のジャケットやズボンを一枚か二枚着た方が動きやすいです。
グローブやシューズも、保温性のあるような厚手のものを選びましょう。
電熱線入りなどで、熱を発して温めるグローブやジャケットもありますが、人によっては肌に合わず、このような製品は肌を乾燥させやすいです。
状況に応じて、このようなものも使うと良いでしょう。